人生を豊かにするための資産形成の方法とは

老後の暮しの費用を確保するための資産形成・資産運用術

老後の生活に必要なお金を確保しておくための資産形成や資産運用術は、それこそ様々と用意されています。ここでは定年後の安心生活を実現するための方法をまとめてみました。

不動産投資

なによりも「公的年金を補う私的年金となる」、「生命保険の代わりになる」、「相続税対策として有効」、「インフレに強い」といったメリットがあり、老後の資金として活用できます。定年までにローンを完済しておけば、自分の資産となり、月々の収入として公的年金に加えて安定した家賃収入を得られます。

ただ、空室、金利上昇、不動産価格の下落などのリスクもあるため、始めるにあたっては「不動産投資セミナーを通じて勉強する」、「頼れる管理会社を見つける」といった努力が必要です。

個人向け国債

安全性の高い国債は、国(日本)が発行した債権です。個人向け国債なら1万円単位、その他の国債でも5万円単位で投資できる手軽さが魅力。ただ昨今の政府・日銀が実施したマイナス金利政策によって、低利回りな点などの不安要素がでてきました。ただ円資産の中では、抜群の安全性があります。ローリスク・ローリターンの代表格。

金投資

“金”自体が資産となり、価値がゼロにならないのが最大のメリット。インフレ時や円安時にも価値が上昇します。

投資信託

投資のプロであるファンドマネージャーが複数の株式や債券などに投資・運用する投資信託。投資の素人でも手が出しやすく、いろいろな銘柄に資金を分けて投資できるため分散投資になります。「販売買付手数料」、「信託報酬」、「信託財産留保額」といったコストがかかる点や、元本保証がない点がデメリットになります。

先物取引

少額投資でありながら多くの利益を生み出すことができますが、一歩間違えると予想以上の損失を招いてしまうハイリスク・ハイリターンが特徴。資産運用の点からみると博打的な要素が多く、取引を始めるならよく仕組みを理解しておく必要があります。

株式投資

キャピタルゲイン・インカムゲインともに狙える投資の代表格。銘柄によっては株主優待などのメリットも得られます。ただ株は売却によって大きな利益を得ることができますが、逆に株価が大きく下った場合や企業が倒産した場合には、損失も多く、投資の分野では「ハイリスク・ハイリターン」に分類されています。

外貨預金

米ドル、ユーロなど外国の通貨建てで預金する方法です。インフレに強く、金利が日本円に比べ総じて高いのが特徴です。為替差益を狙えば高い利益も得られます。ただし元本割れやペイオフの対象外であるため、こちらもハイリスク・ハイリターン商品になります。

30代のごくごく普通サラリーマンの私が調べた不動産投資にかんする情報や、ためになったセミナーの体験レポートをまとめているサイト。お役に立てれば幸いです。