リスクとその対策

不動産投資で注意すべきリスクについて

空室リスク

購入した物件が空室になってしまうと家賃収入がなくなってしまいます。その間も住宅ローン返済や管理費などを支払う必要があり、収支バランスが崩れてしまうので、空室リスクは必ず避けなければなりません。

家賃滞納リスク

入居者が家賃を滞納しても、当然月々のローン返済などの支出する金額に変わりはありません。家賃滞納を起こさないように入居者審査は厳密に。さらに賃貸管理会社に管理委託すればこうしたリスクは避けられます。

家賃下落リスク

建物の経年劣化や需要の低下などで家賃を下げざるをえない場合、安定した収入が得られなくなります。立地や利便性も大事な要素になるため、購入時に家賃下落を招きにくい物件を選ぶようにしてください。

金利上昇リスク

昨今の低金利政策のもとでは金利上昇はそれほど心配いりませんが、長期にわたる不動産投資は何が起こるか誰にも予測がつきません。もし変動金利型のローンを組んでいる場合、返済期間中に金利が上がるとその分返済額も増えてしまいます。

天災リスク

地震や火災、津波などで建物を失ってしまうこともあります。建物に対する地震保険や火災保険に加入して、こうした天災リスクに備えましょう。

事故物件リスク

不動産購入時に選んだ物件が事故物件でないかも要チェック。知らずに購入してしまうと空室リスクを招いてしまうことにもなりかねません。こうした事故物件は購入時に法律で告知義務が定められていますので、回避することが可能です。もし事故物件である旨の告知なく購入してしまった場合は、契約の解除が同じように法律で保証されています。

管理会社倒産リスク

賃貸管理を管理会社にお願いしている場合、その会社が倒産してしまうと、敷金や家賃といった費用が回収できない恐れが出てきます。

株や外貨預金といった他の投資商品と比べると、不動産投資のリスクは少ないと言われますが、投資である以上、まったく危険性がないというわけではありません。大切なことはリスクをしっかりと理解して、事前準備を怠らないこと。

不動産投資はリスク管理さえしっかりすれば、長期的、安定的に収益を確保できる魅力的な投資だと思います。

30代のごくごく普通サラリーマンの私が調べた不動産投資にかんする情報や、ためになったセミナーの体験レポートをまとめているサイト。お役に立てれば幸いです。