サラリーマンにこそお勧めしたい理由

サラリーマンだからこそ不動産投資で人生に余裕を!

数多くある投資商品の中で、サラリーマンにこそ不動産投資をぜひおすすめいたします。というのも株式や今話題のFXなどは、日々経済動向や相場をチェックし続けなければならず、本業の仕事で忙しいサラリーマンには難しいもの。一瞬のタイミングを逃してしまうと損得に影響がでてしまいますからね。

その点、不動産投資ならば、そもそも長期に渡り安定した収入源を確保していくことを目的としているため、日々の投資に頭を悩ませる必要がありません。物件管理や家賃支払いなどの面倒な業務も、賃貸管理の専門会社に一括して任せることもできるので、面倒はかかりません。

さらに不動産投資では、リフォーム費・増改築費・維持管理費・事務費・交通費・募集広告費といった様々なお金がかかってきます。こうした費用は必要経費として確定申告時に計上することで、所得税の還付を受けられる場合もあるのです。上手にやりくりすれば節税対策もバッチリです。

なによりも、安定して副収入的な収入が得られることで、日々の生活に余裕が生まれるでしょう。さらに将来的な年金資金としても活用できるとなれば、安心も同時に手に入れられます。

不動産投資をする前に知っておくべきこと

サラリーマンが不動産投資を行う上で知っておいたほうが良いことについて見ていきましょう。

管理会社に任せきりにしない

物件の管理を管理会社に委託することができ、管理の手間がかからないメリットがある不動産投資ですが、全てを任せきりにしてしまうのは問題です。

毎月の家賃の振り込みがあったかどうか、入居者募集の広告や入居者からのクレームなど、具体的な管理内容を把握しておくことで思わぬトラブルを避けることができます。

実質利回りの確認

販売図面に書いてある表面利回りでは、正確な利回りを把握しきれない場合が多々あるので、利回りを確認する時は、管理費、税金などを省いた実質利回りを確認することが大切です。

担当者との関係構築

インターネットを利用して投資用不動産を検索することもできますが、いい物件はインターネットに掲載される枚に取引が終わってしまっているケースがよくあります。そのため、より良い物件を探すためには、不動産投資会社で信頼できる担当者から紹介してもらうことが間違いない方法と言えます。担当者との関係をきちんと築いておくことは、不動産投資に関してとても重要なポイントです。

不動産投資セミナーへの積極的な参加

不動産投資において、情報取集は1番と言っていいほど大切なことです。情報の有無で損得の如何が決定するといっても過言ではありません。従って、不動産投資を考えているサラリーマンの方は、時間を見つけて不動産投資セミナーに積極的に参加するようにしましょう。

一方、最近では情報収集の新しい手段として、不動産投資情報交換会というものが開催されるようになっています。

不動産投資情報交換会のメリットは以下の4点になります。

  • 参加者全員の不動産投資に関する悩み相談や意見交換を自由に行うことができる
  • 不動産投資経験者と直接会話ができるため有用なアドバイスを手に入れやすい
  • 意識の高い人々と人脈構築ができる
  • 従来のセミナーでは知ることができない情報を手に入れられる

サラリーマンが不動産投資を成功させた事例

不動産投資を行い資産を順調に増やしたサラリーマンの成功例を紹介します。

事例1

マンション(総戸数15戸)に複数投資。

家賃収入:660万円/年

ローン完済後収入:1,200万円/年

不動産投資セミナーに参加後、サラリーマンでもローンを活用した有効な投資方法であることを知り、投資家デビュー。レバレッジ効果を活かして所有不動産を次々と増やしていき、11年間で8,000万円の資産拡大に成功しました。

事例2

副業で始めたマンション投資が脱サラで本業に。

家賃収入:312万円/年

ローン完済後収入:614万円/年

副業で軽く考え、まずは予算があまりかからない1Rマンション投資からスタート。住宅ローンを活用してわずか1年で8戸の不動産を取得するまでになりました。不動産投資の醍醐味を存分に味わい、不動産管理士の資格まで取得。今では脱サラして本業に。マンション管理組合のアドバイザー業務をしています。

30代のごくごく普通サラリーマンの私が調べた不動産投資にかんする情報や、ためになったセミナーの体験レポートをまとめているサイト。お役に立てれば幸いです。