アパート

アパート投資のメリット・デメリット

アパート投資のセミナーに参加してまず言われるメリットは、建物が老朽化して価値がなくなっても、土地自体の価値は残るということです。通常木造の建物は築15年を目処に評価額はほぼゼロになってしまいますが、土地の価値が残ることは、資産として考えると大きいですね。

一般的な表面利回りも高く、新築だと5%前後、中古アパートなら8%となっています。

アパート投資はたいてい一棟まるまる購入することになるため、複数の部屋を所有することになります。ですから空室リスクが分散されます。

さらに不動産を相続や贈与する際の税金でもアパート投資は有利。これは土地の割合が多く相続税や贈与税を計算する時、土地は公示地価の80%で計算されるため節税効果が高まるからです。

デメリットとしては、家賃滞納リスクや金利上昇リスクなどがありますが、最も大きいのが高額な投資資金でしょう。これはどうしても土地と建物がセットになるためです。都内で木造アパートを建てるならば最低でも6,000万円程度は必要になってくるでしょう。

入居者管理や建物の修繕、設備の点検といった手間やコストが意外とかかるのも難点。

流動性の面でも区分マンションなどと比べ、一棟アパートは価格が高くなることから、分が悪いようです。

アパート投資で評判の会社ベスト3

投資向けのアパートを取り扱っている会社を3社紹介します。

シノケンハーモニー

頭金0円のフルローンで新築アパート経営が始められるプランがあります。今までにアパート投資物件の供給数は3,000棟以上。年間での着工件数は全国トップクラスの実績を持っています。施工~アパート経営まで徹底したサポート体制に定評があります。

シノケンハーモニーの詳細はこちら>>

CFネット

1棟アパートを活用した資産形成を成功させるための不動産投資セミナーを随時開催。長期間に渡り安定的に賃貸住宅を運営するためのノウハウや無理なくアパート経営をするための方法を教えてくれます。

CFネットの詳細はこちら>>

インヴァランス

マンション投資を中心に扱っている不動産投資会社ですが、アパート投資に関しても取扱っています。

インヴァランスの詳細はこちら>>

30代のごくごく普通サラリーマンの私が調べた不動産投資にかんする情報や、ためになったセミナーの体験レポートをまとめているサイト。お役に立てれば幸いです。