先人から学ぶマンション投資成功・失敗体験談

マンション投資オーナーの成功・失敗体験は貴重な教科書

マンション投資の成功・失敗の分かれ道とは?オーナーさんたちの体験談を集めてみました。

マンション投資の失敗を防ぐためには、先輩たちの経験や体験から学ぶべき多くの内容が得られるはずです。失敗できないマンション投資のための貴重なヒントを、オーナーさんたちの成功談・失敗談から探っていきましょう。

ここでは年代別に様々なケースを集めてみました。

まずは20・30歳代から不動産投資を始めたケースです。

実はマンション経営は、できるだけ早い年代から始めたほうが、メリットが多いといわれています。若いうちに思い切ってローンを組んで、マンション経営のスタートを決断した人。夢にむかって、あるいは老後に備えてと、それぞれの目標に向かって前進中の若手オーナーさんの声を収集しました。

次に40代以降から投資をスタートして成功している方々のケースです。人生も中盤にさしかかり、資産形成からステップアップしてそれまでの蓄えをいかしつつ、より豊かな老後の暮らしをめざして資産運用に取り組むきっかけとして、マンション投資に積極的になったオーナーさんが数多くいらっしゃいます。

彼らがなぜマンション投資を始めるに至ったかを知ることは、これから始めようと考えている人にとっても大切な示唆を与えてくれるでしょう。

体験談や口コミ情報には、大事なポイントが多く含まれているものです。成功するため、すなわち失敗しないためには、他人の失敗を知ることがなによりですからね。

というわけで、マンション投資のよくある失敗例も調査してみました。不動産投資のメリットばかり目にすることが多いと思いますが、デメリットも存在することは決して忘れないようにしましょう。

不動産投資会社から言われるがままに物件を購入してしまい、みんなと同じような落とし穴に…ということがないよう、失敗事例には目を通しておいて損はありませんよ。

30代のごくごく普通サラリーマンの私が調べた不動産投資にかんする情報や、ためになったセミナーの体験レポートをまとめているサイト。お役に立てれば幸いです。